様々な補助錠で鍵トラブル対策を実施しよう!

補助錠には種類がある~鍵トラブルを防ぐために最適なものを選択~

補助錠には、色々な種類があります。どのようなものがあるのか、種類と共にその特徴を紹介します。自宅に合った補助錠を選べば鍵トラブルも防げるでしょう。

鍵トラブルもこれで安心!それぞれの補助錠の特徴について

窓に補助錠を設置したいのですが、どんな種類のものがありますか?
サッシに取り付けるタイプや水返し部分に取り付けるタイプ、クレセントの防犯性を高めるタイプや出窓に設置できるタイプ、雨戸用タイプなどがあります。窓の造りに合わせて選ぶ必要があります。一般的な窓の補助錠として、サッシに取り付けるタイプがよく利用されています。これは、窓のサッシに取り付けたレールの上に鍵本体をスライドさせて施錠する補助錠です。水返し部分に設置するタイプも、同じような仕組みの補助錠になっています。
玄関に補助錠を取り付けたいと思っています。どんな種類があるか教えてください。
ほとんどの物件には、ドアチェーンが付いているかと思います。しかし、これは在宅中のみにできる防犯対策のものです。外出時に外側からチェーンを掛けることはできません。玄関ドアの補助錠は、外側に設置する必要があります。最近は穴開け不要の玄関ドア用補助錠が出ていて、更にダイアルタイプとディンプルキータイプが用意されています。

補助錠を設置するときのポイント

窓に設置する際のポイントとしては、侵入者に不自然な姿勢を盗らせる、窓ガラスから少し離れた部分に取り付ける、外から見ても分からないなどが挙げられます。補助錠はあくまでも「補助」的な存在です。設置したからといって油断していては意味がありません。空き巣などの鍵トラブルを防ぐために、防犯意識を持ち続けることも大事です。

補助錠にはこのように様々な種類があるので、必要な場所に最適なものを設置するようにしましょう。自宅の造りや周囲の環境などに合わせて、補助錠を選ぶことが大事です。ピッタリのものを設置して、空き巣などの鍵トラブル対策を徹底しましょう。

TOPボタン