鍵トラブルを防ぐ~補助錠を設置したい場所!~

補助錠を設置できる場所

鍵と住宅

補助錠は色々な場所に設置できます。「適材適所」を考えて補助錠を取り付ければ、防犯性を更に引き出すことができます。どこに補助錠を取り付けると防犯効果が高まるのか、鍵トラブルを防げるのか紹介します。

鍵トラブルを防ぐには補助錠を設置する場所が肝心

最も空き巣に入られやすい場所が窓です。特に1階の窓であれば侵入の際によじ登る必要がないため、しっかりと防犯対策をしなければ直ぐに狙われてしまいます。補助錠が設置されていない場合は、窓ガラスを破るだけで侵入可能です。例えワイヤー入りのガラスや強化ガラスであってもバールなどがあれば簡単に切ることができます。補助錠を設置すれば、ガラス破りと鍵開けの両方を行なわないといけないので、時間が掛かります。そのため、空き巣犯も諦めやすくなるのです。
玄関
玄関から堂々と侵入する空き巣犯は意外と多いです。空き巣は主に住人のいない留守を狙って、計画的に行なわれます。そのため、玄関のドアに補助錠を設置することは、とても大事です。一般的な補助錠の他に、鍵付きカバーで鍵穴を隠すタイプや暗証番号を入力するタイプなどがあります。ドアへの直接的な工事が不要のものを選べば、補助錠の設置やドアの原状回復もしやすいため安心です。
勝手口
人の目が届きにくい勝手口は、想像以上にすんなりと空き巣犯に侵入されやすい場所です。洗濯物を干そうと裏庭に出ている間や、ゴミを出しに行っている間などに侵入される恐れがあります。主錠を締めることが大事です。また、補助錠を設置しておけば、「この家は抜かりがないな」と空き巣犯に思わせることができます。
ベランダ・バルコニー
ベランダやバルコニーは、空気の入れ替えを行なったり、少し外に出てリラックスしたりできる場所です。そのため、開けっ放しにしている人は少なくないでしょう。部屋の中からあまり見えにくいこともあるので、補助錠と共にアラームやブザーを取り付けておくと良いです。
TOPボタン